月刊 Vane Online 環境・CSR情報誌「ヴェイン」公式サイト
サステナブルな社会の実現に貢献する商品の販売、サービスを提供する 「アサヒユウアス株式会社」2022年1月1日事業開始

 アサヒグループホールディングス株式会社は、アサヒグループにおける新たなサステナビリティ事業を展開する「アサヒユウアス株式会社」(本社 東京 社長 高森志文)をアサヒグループジャパン株式会社(2022年1月1日事業開始)の傘下に新設し、アサヒユウアス株式会社は、2022年1月1日から事業を開始する。
 現在アサヒグループで取り扱っているバイオマス素材を活用したエコカップ「森のタンブラー」などのサステナブル商品の販売や、ローカルSDGsに貢献するクラフトビール※などの製造・販売する事業を通じ、それぞれの商品を通じたパートナーシップやネットワークをより強化することに取り組む。
 また現在展開している地域循環共生圏の創出(ローカルSDGs)の取り組み「UPCYCLE B」などのプロジェクトで培った知見を生かし、企業、NPO、大学、行政などの様々な社外ステークホルダーと共創することで、サステナブル商品のラインアップやカテゴリーを拡大させ、地域の社会課題解決、地域文化の発展に貢献することを目指す。
 生活者に身近で伝わりやすいサステナブル商品やサービスを提供することを通じて“サステナブルネットワーク”の構築に柔軟かつスピーディに取り組むと同時に、新たなサステナビリティ事業を収益化させ持続可能なビジネスに育てる仕組みを構築していく。

※)酒税法上は発泡酒となります。