月刊 Vane Online 環境・CSR情報誌「ヴェイン」公式サイト
ブラジル陸上風力発電事業の商用稼働開始

 戸田建設株式会社は、ブラジル連邦共和国において2020年に設立の現地法人戸田エネルジア・ブラジルLtda.(戸田インベストメント・ブラジルLtda.の100%子会社)にて、北東部リオ・グランデ・ド・ノルテ州(以下、RN州)アレイア・ブランカ市に陸上風力発電所を開発・建設していたが、去る9月7日に商用稼働を開始致した。
 同グループはグローバル規模で地球環境問題に向き合うESG経営を掲げてきたが、同社進出50年目を迎えるブラジルにおいても、この事業を通じて売電供給先の企業と共に、SDGs達成を目指して、未来を創造し社会課題を解決する企業活動の在り方を実践していく。また、今後は同社の日本における浮体式洋上風力発電、メガソーラー発電など再生可能エネルギー事業のノウハウを活かし、ブラジルにおいても事業領域にとらわれない活動を行う。

図1 発電所位置図,図2 風車概要

図3 TODA ENERGIA発電所全景図3 TODA ENERGIA発電所全景

図4 ナセル部分図4 ナセル部分

〈事業概要〉
事業会社:TODA ENERGIA DO BRASIL Ltda.
定格発電出力:27.72MW(27,720kW)
風車設備:3.465MW×8基
商用稼働開始:2021年9月7日
年間予定発電量:約120GWh(120,000,000kWh)